サイズが大きくなる

常に進化し続けてきたiPhoneですが、画面が大きくなったこともユーザーの使い勝手が良くなった要因となりました。2014年に発売されたiPhone6から画面が大きくなったのも画期的な出来事でした。常に進化し続けてきましたが、ここでディスプレイのサイズが大きくなり、さらに様々なことを操作1つで快適に楽しむことができるようになります。

Plusモデルが誕生し、リリースされたのもiPhone6です。画面だけでなく端末のサイズも大きくなったので、ポケットに入れることに慣れるまで時間がかかる人も多かったのではないでしょうか。特に動画を見るときやゲームをするときに画面が大きいと優位性が高まりました。

毎年のように進化して新機種がリリースされるようになり、2017年に発売されたiPhone Xではホームボタンを廃止し全面ディスプレイとなったことで、端末のサイズ以上に大きな画面の恩恵を受けることができるようになりました。今まで当たり前だったホームボタンが無くなったことに慣れるまで違和感があった人もいたと思いますが、慣れると簡単に操作することができます。

今ではスマートフォンの枠を飛び出して様々な使い方を楽しむことができるのがiPhoneの魅力になっています。日本人だけでなく世界中で愛されているスマートフォンです。

menu

Copyright © 日本でも使っている人が多いiPhoneのことを知ろう, All rights reserved.