iPhoneの歴史

iPhoneの歴史は2007年から始まります。同年6月にリリースされてから74日目で100万台を突破して注目を集めるようになりました。しかし、初代iPhoneは日本では発売されませんでした。

日本で初めて発売されたのがiPhone 3Gです。今まではガラケーと呼ばれる日本特有の携帯電話が主流だったところに、タッチパネルでインターネットも簡単に楽しめるスマートフォンということで、多くの日本人に受け入れられました。iPhone 3Gは価格も手頃だったということもあって、日本でも爆発的に普及していきました。

2009年にiPhone 3GSが発売された翌年の2010年に発売されたのがiPhone 4です。ここからRetinaディスプレイが採用されて画面が綺麗になりました。通話や音楽を聴くだけでなく、画面操作もしやすくなりました。

その後回線が早くなり、よりインターネットがストレスフリーで満足いくものになったのがiPhone 5です。高速インターネットに接続できるように、4G回線とLTEに対応をしました。今までとは遙かに高速で無理なく動画も見られるようになったのがこの機種からになります。このようにiPhoneは数年間で一気に進化して日本だけでなく世界中の人が快適にスマートフォンライフを満喫することができるようになりました。

menu

Copyright © 日本でも使っている人が多いiPhoneのことを知ろう, All rights reserved.