ビオトープワークス 作品集 静岡市 S邸
静岡市のSさまよりお便りいただきました!

"2番目の写真"は2階のベランダから撮影したものです。
"1番目の写真" は右の池ができたばかりの頃の写真です。比較的寒い冬だったので凍っています。

池の周辺にはセリ・ジュズダマ・イボクサ・ミツバ・ツワブキ・ギシギシ・スイバ・シロバナタンポポ・トウカイタンポポなどの植物を導入しました。

左側の小さい池 は2007年に作りました。深さは,一番深いところでは50センチ以上あります。クロモ・ヤナギモ・マツモなどの水草とメダカを導入しました。

右側の大きい池 は2010年に作りました。深さは45センチ前後です。以前にもっと小さい池があったところに作り直したものです。まだ新しいのでアオミドロなどの藻類が多発しています。水草はマツモを導入しました。以前の池に植えたコナギがいつの間にか生えてきました。主に昆虫用の池として作ったので,魚は導入せず,マツモムシ・タマガムシ・マルミズムシなどを泳がせています。橋は人間が歩くためと,日陰を作るために設置してあります。マツモムシは昼間は日陰にいることが多いようです。

どちらの池にもオオシオカラトンボ・ギンヤンマ・ショウジョウトンボなどのトンボが毎年繁殖します。セリやミツバには毎年キアゲハが繁殖しています。カヤツリグサがたくさん生えていますが,水際の土を固めてくれるので便利です。池の周りが石だらけにならないようにしたいので,草が十分に生えたら一部取り除いています。毎年ドクダミが増えすぎるので困っています。

ご自身のビオトープのイメージがしっかりされていて、すごく良いと思います。ため池は生態系を維持するために2つ並べて作るのが良いと言われています。縁を石をあまり見せずに植物で覆っているところなど、ミニため池という感じですね・・・。人工のものではないように見えます、素晴らしい!