ビオトープワークス 作品集 神奈川県横須賀市 K邸
            
タイガーシート、淡水魚セットをご購入いただいたK様よりビオトープ完成レポートを送っていただきました。大作です。一部を紹介したいと思います。

---前略---ネットで池の作り方などを調べている内にビオトープに行きついたのでした。
ここで、自然との調和、生物浄化をうたっている「エコショツプ・すが」さんに出会えたのです。電力を使わず、浅瀬のエコトーンで微生物を利用して水の浄化を行う事は、なんて素晴らしい事なのでしょうか。
自然で環境に優しい止水形ビオトープにすっかり魅了され、ホームページ上にあるビオトープの作り方を熟読し、又、ユーザー作品集などをみてからは「自分でも作れる」と確信したのです。長くなりましたが、これが動機です。

やはり池のエッジ処理が難しく、作品集にもあったように「ココナッツファイバーシート」を使いタイガーシートの目隠しをしました。さらに伊勢石の3寸を大量に並べて、さらに「ココナッツファイバーシート」の目隠しで仕上げました。そして、4月30日には水生植物が届いたので植えました。又、無事成長したオタマジャクシも放しました!元気に泳いでいます。

↓ 下写真クリックで拡大表示・順送りできます。↓
6月29日現在
さらに水生植物たちは生息範囲を拡大してきています。
ここのところ4月から毎朝5時には起きてきて、ビオトープを日々、眺めては癒されております。毎日見ていると小さな変化も見逃さず、新発見もあり一日の始まりを楽しんでいます。
タナゴたちも来た当初は、怯えまくっていましたが、最近では慣れてきたのか、あるいは水生植物の繁殖で身を隠せる場所が広がり安心したのか、悠々と泳いでいます。
ヤマバトや小鳥たちも水浴びにやってきます。ギンヤンマやシオカラトンボも産卵にやってきました。
オタマジャクシは殆ど旅だって行きました。来年、再来年に戻ってくるでしょうか。
水の透明度はかなり保たれています。エコトーンでの微生物浄化の威力でしょうか!
また、作品集では埼玉のFさんのココナッツファイバーシートのアイデアを初め、随所で皆さんのビオトープを参考にさせていただきました。
そして、この様な素晴らしい水辺空間を教えていただいた、エコショップ「すが」さんに感謝いたします。誠に有難うございました。