あろはクラブ「重曹とクエン酸で安心ハウスキーピング教室」レポート♪
>HOME

6月24日(日)14時〜16時 OMエコショップすがにて
アロマテラピー、ロハス、ハーバルライフをテーマに活動をしている
「あろはクラブ」のイベントが開催されました!!(主催 距武F工房



今回のテーマは「ナチュラルハウスキーピング」♪
今、本屋さんに行けばズラリと並ぶお掃除本。
その中でも重曹やクエン酸を用いた、からだにも環境にも優しいお掃除術が話題となってます。
そんなナチュラルハウスキーピング術をレクチャーしていただきました!

まずは坂東先生から本日使用する品物のご紹介。
手に持たれているのはクエン酸です。

クエン酸にはアルカリ性の汚れを中和して
菌の発生を抑える働きがあります。

机にズラリと並ぶのは
粉石けん
重曹
アロマのエッセンシャルオイル

今回は重曹と粉石けん+アロマオイルで
環境にもやさしいクレンザーを作ります☆

まずは容器の半分まで粉石けんを入れていきます。

石鹸には油を水に溶かす効果があり、
水中で生物によって分解されるといわれます。
また、クエン酸や酢をかけると中和されるので、
ナチュラル・クリーニングでは石けんが使われています。

粉石けんを選ぶポイントは
純正分99%の粉石けんをお求めください。

残りの半分は重曹を入れていきます。

重曹はお菓子作りでお馴染みのベーキングパウダーのこと。
炭酸水素ナトリウムともいわれ、お料理では馴染みのない方でも
実は、人のからだにはなくてはならない物体なのだそうです!

それは、血液や体液のpH(ペーハー)バランスを弱アルカリに
保ったり、胃液の酸を中和して潰瘍になるのを防いでいるのも
重曹の役目とのこと!


知らぬ間にお世話になっていたのですね。
お掃除の時の重曹の役割もたくさんあるのですが、
主には酸性の油汚れを中和して、
研磨剤としても活躍してくれます。


そして最後にアロマオイルを6滴。

今回はペパーミントとユーカリのお好きなほうを
お選び頂きました♪

どちらもスーーーッと爽やかな香りでお掃除後はスッキリ☆


手作りのものが完成すると自然と笑顔がこぼれます!
家族にも環境にもやさしいならなおさらですね。



あとはしっかりシェイク♪シェイク♪
楽しそう ^ ^☆

お次は実践編!

まずはお皿の上に重曹を盛ります。
そこへクエン酸水をシュッシュッシュッ=333
すると見る間にブクブクブクと泡が出てきました!

まるで理科の実験室のようですが、
こちらは重曹の弱アルカリ性と汚れの酸性が反応して、
二酸化炭素の細かい泡が発泡し、
汚れを浮かしてくれるそうです!


スゴイ!おもしろい!

排水溝のヌメリや鍋のお焦げなどに・・・

お次はいよいよシンクへ!

といってもこちらのシンクは展示場のシンクなので
あまり汚れていないのですが、、、
わかりやすく実践!実践!

ティッシュペーパーを側面に貼り付け、
そこへクエン酸水をシュッシュッシュッ=333

水アカや石鹸カスを落としてくれます。
ピカピカ☆になりました!

クエン酸でのお掃除は
水アカ
石鹸カス
電機ポット内の汚れ
タバコのにおい・ヤニ
尿
などのアルカリ性の汚れに有効です。
最後にちょっと焦がしてしまった鍋の登場!

本当はもっと焦げていたのですが、
洗剤でしっかり洗って、それでも取れなかった強力オコゲです!

ちっちゃいですがわかりますか?
そちらの鍋の中に重曹と水を入れて
ブクブク沸騰させて火を止めます。

そうしてしばらくそのまま置いておくと・・・
すっかりコゲが浮き上がり、ピカピカに!

残った場合もその後、
重曹の研磨作用でゴシゴシ磨くとキレイに落ちます。

重曹でのお掃除は
油汚れ
生ゴミの臭い
手アカ
冷蔵庫・家電の拭き掃除
などの酸性の汚れに有効です。



現在お掃除用洗剤は数え切れないほどの種類が出てますが、
より健康的に生活したい方にはピッタリのナチュラルハウスキーピング術☆

皆さんも少しずつチャレンジしてみませんか?

ここでのポイントは
汚れの種類を見極めること。
そして、ちょっとスローに。


普段合成洗剤の素早い洗い上りに慣れている方にとっては
ナチュラルハウスキーピングは少しゆったり構えて
お掃除の順序を練ってどうぞお試しください。


ご参加いただいた皆様!!ありがとうございました!!