あろはクラブ「冬用超しっとり石鹸作り」レポート♪
>HOME
10月29日(日)10時〜17時 菅組高松住宅展示場にて
http://www.suga-ac.co.jp/info/modelhouse.html
アロマテラピー、ロハス、ハーバルライフをテーマに活動をしているあろはクラブの
半年に1回の石鹸作り教室が開催されました!!(主催 距武F工房

今回の石鹸のテーマは「冬用の超しっとり石鹸」♪
冬の乾燥が気になる女性には特にオススメのレシピです☆
参加者9名+お子様3名のご参加でとっても賑やかに楽しく開催されました!

石鹸作りの材料がズラリ。
左より、
精製水・・・苛性ソーダと混ぜ合わせます。
苛性ソーダ・・・劇薬です!!注意!!
オリーブオイル・・・石鹸の72%がこちらです。
アボカドオイル・・・A.B.D.Eのビタミンが豊富、保湿効果が高い。
シアバター・・・溶けくずれを少なくし、皮膚の上に保護膜を作る。
ココナッツオイル・・・泡立ちをよくする。
パームオイル・・・溶けくずれを少なくし、硬い石鹸にする。

超しっとりレシピです!!!
オリーブオイルをボウルに入れます。

ボウルの下には電子量りが・・・

今回は368g!

坂東先生の指導のもと
慎重に量ります!

トップバッターの方。
オイルが重そう・・・

パームオイルとシアバターは常温で固まってしまう為
常時湯せんにかけておきます。

左はオリーブオイル+ココナッツオイル+パームオイル+
アボカドオイル+シアバター
40℃になるまで湯せんにかけます。

皆さん順番にオイルをボウルに入れていきます。

電子量りの数字とにらめっこ。

緊張です!!!

オイルが揃ったら、次は苛性ソーダを量ります。

こちらは劇薬指定の薬品です!
危険!!!!

必ずゴム手袋をして、慎重に取り扱います。

換気をしながら、こぼさないように・・・

肌につくとやけどのようになり、目に入れば失明する可能性もあるので細心の注意を払って使用します。
ガラス瓶に入れた苛性ソーダと精製水を合わせ
(この時、化学反応により温度が90度くらいまで上がります)
40℃まで冷ました液体を同じく40℃に合わせたオイルに
合わせていきます。

しっかり坂東先生が付き添います!!

合わせながらかき混ぜていきます。

オイルと苛性ソーダを合わせた後は
しっかり、混ぜ混ぜ!!!

最低20分は休み無く混ぜます!
最初に混ぜれば混ぜるほど石鹸になるための
化学反応がすすみ、型に入れるまでの
時間が短縮されるそうです!


子供ちゃんもしっかり手袋をして混ぜます!!
左上は20分ほど混ぜた状態。
色が黄色く変わってます。

混ぜれば混ぜるほどだんだん白っぽく変わっていきます。

右上はちょっと休憩☆


左は石鹸の型作りです。

牛乳パック2つを切って重ねます。

牛乳パックの再利用♪
今回の石鹸レシピはオイルと苛性ソーダを合わせて
約1時間ほどで型入れ完了!

その前に・・・

アロマオイルで香付け♪

お好きな香りのイメージで約100滴〜200滴ブレンドします。

あたりはとってもよい香り♪
完成後の香りも楽しみです☆☆☆
型入れ終了!!!

牛乳パックにラップをかけて、お持ち帰りです♪

こちらの石鹸の出来上がりは11月26日!
丸々4週間は熟成させます。

まず、当日の夜は発泡スチロールなどで保温して、
翌日以降に型から出して、切り分けて、乾燥させていきます。

4週間後が楽しみです・・・♪


当日は石鹸作りが初めての方がほとんどでしたが、坂東先生の丁寧な指導で安全に楽しく作ることができました!!

今回の教室の模様は読売新聞の毎週金曜に組まれているコーナーでも紹介されます!お楽しみに♪

ご参加いただいた皆様!!ありがとうございました!!