「仁尾酢 工場見学」

>HOME

香川県における酢醸造は、寛保元年(1741)仁尾町において、米醸造を始めたのが
最初だと言われています。当時、仁尾は醸造業が繁栄し、仁尾の経済に
大きく貢献していたそうです。
昔から伝わる製法をかたくなに守り、米酢の醸造を手がけている中橋造酢。
手法もそうだが、蔵の中にある釜や井戸、道具なども長い歴史を感じさせるものばかり・・・
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


歴史ある造酢蔵ではたくさんの酢が発酵されており、
発酵が行われている箇所の屋根だけ黒くなっている。
配達に使われるケースも昔ながらの木製。

 酢の菌は自身の力で温度を保ち、
 発酵を促す。
 発酵中の樽の中は温かく表面に
 膜が張っている。(下は約1ヶ
 月の状態)

 【酢の効用】
   ◆ 食欲増進
      暑い季節になると消化器の働きが弱くなってきます。
      そんな時、酸味のある飲食物は消化器を刺激し、胃の働きを活発にします。
      酢には唾液や胃液の分解を高める働きがあり、食物の消化・吸収を助けます。
   ◆ 疲労回復
      酢にはクエン酸サイクルの回転をよくする働きがあります。
      『クエン酸』は乳酸を分解する働きがあり、疲労回復を手助けします。
      さらに、自然治癒力を高め、血行を良くし疲れにくい体へと変化させていくと言われます。
  
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

米酢は、まず蒸した米を発酵させて『もろみ』を作り、種酢を混ぜて絞るところまでが第一段階。
これを杉樽に移し、種酢+醸造用アルコール+湯を加え、創業当時から生き続けている酢の菌を
表面に添加して発酵させ、そのまま2ヶ月ほど静かに発酵。
塩を加えて酸度を安定させ、数回の自然ろ過を経て、ある程度澄んだ酢が出来たら、
出荷前にろ過機にかけて出来上がり!!この間、実に1年。
時間をかけて丁寧に作られた酢はどんな料理にも合う最高の名脇役である。

                 
阪神大震災で先の方が4m程崩れてしまったが、
高くそびえる煙突は今でもよく目立っている。


杉樽の中でゆっくり熟成され製造されたこの酢は、むせることなく飲み干せるほどまろやか。
成分的データーは全く変わらないのに、芳醇な香りと味は歴然。

添加物・甘味料を一切使用せず昔ながらの製法を守り続ける讃岐の米酢。
ぜひ一度は試してほしい一品です。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
仁尾酢